「にほん語」を教えるのに「資格」が必要ですか。
    ★そんなことはありません。大切なのは「にほん語」をどう教えるか、という技術であって、資格ではありません。
     ★ただし、文科省が認可している日本語学校などで 働きたい場合には以下のような資格を問われることになります。
    1.「日本語教育能力検定試験(毎年10月に実施)」に合格していますか。
    または、
    2.大学の日本語科を卒業しましたか。
    または、 
    3.「日本語教師養成講座420時間 注意→この場合「文化庁の日本語教員養成研修機関として登録受理番号を
      持っている学校」で受講することが条件です。FUKUOKAふぁんの登録番号はH29113040006です。) 」 を修了しましたか。
          
FUKUOKAふぁんの講座を受講し、「日本語教師のお仕事をする」まで。
手続き1 日本語教師登録・管理センター(JTRM)に登録する。

手続き2

語学の教え方研究所 FUKUOKAふぁんにて実践研修を受ける。
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-8-11第2石橋ビル4C
手続き3

(株)TABUNKAが受注したJpackクラスで授業を引き受ける。


手続き4


一定の授業期間(1pack 50時間/45分)が修了したら、Jpackクラス依頼主に対して授業結果と学生成績について報告をする。
手続き5 (株)TABUNKAから報酬を受ける。



     FUKUOKAふぁんのK.K.メソッドをマスターして 、本格的な
        「日本語教師」として の道を 歩み始めましょう。

インフォメーション

日本語教師になるには

コース案内

日本語教師インタビュー