日本語教師養成講座420時間 K.K.メソッドによる直接法を教授。九州福岡の学校で学びませんか!日本語教師のプロを育成!

LinkIconトップページLinkIconInfomationLinkIconよくある質問LinkIconサイトマップLinkIcon募集要項LinkIcon資料請求LinkIcon個人情報保護

日本語教師養成講座案内 募集要項☞

 FUKUOKAふぁんの「日本語教師養成講座は「にほん語」を教えたいあなたをサポートします。
「日本語の教師になりたい!でもどうしたらなれるの?」というあなたに「にほん語の教え方」を分かりやすく、しかも楽しく指導します!「日本人なら誰でも日本語教師になれる!!」でもその前に、FUKUOKAふぁんで「にほん語の教え方」を学びましょう。

 FUKUOKAふぁんの指導の特徴は何といっても「長沼式修正直接法」から生まれた K.K.メソッドです。英語や中国語など媒介言語を使わずに教える本当の意味での直接法のテクニックをしっかりとマスターしましょう。FUKUOKAふぁんの「日本語教師養成講座」を修了した人はみんな、日本語教育の現場で即戦力のある教師として大人気!各方面から高い評価を得ています

 「日本語教師」は、とても面白くて、やりがいのある仕事です。FUKUOKAふぁんの日本語教師養成講座でしか学べない「にほん語を教えるテクニック」を学んで、あなたの未来を引き寄せてください!

<日本語教師養成講座(290時間)Ⅰ.テクニカルコース> LinkIcon募集要項☞

日本人なら誰でも日本語がわかる!でもどうやって教えるの?…その疑問に応ええ、「言葉を教える技術」を徹底的にトレーニングします。
◇ 日本語教育の現場で最もよく使われているテキスト「みんなの日本語(スリーエーネットワーク)を使って 各課の教え方、効率的な教案の書き方、適切な教材の作り方、上手なドリルの方法、会話力をつけるための秘訣!など徹底的に学びます。

◇FUKUOKAふぁんの「日本語教師養成講座」はただ教壇に立って教える「にほん語」だけでなく、「観光案内」の前
 にそれに関する「にほん語」を授業として教える方法、「日本文化(折り紙、和食、お茶、書道、、、など)の指導法(Activityの教え方)も学びます。
◇FUKUOKAふぁんでは「にほん語の授業」で使う、「小テスト」や「お知らせ」「クリスマスカード」や「出席表」、資料として使う「語彙表」やパソコンで作る「教案」の書き方など、WordやExcelを使った授業を取り入れて、現場で働くときのスキルを身につけてもらいます。
◇ FUKUOKAふぁんでは「日本語教師養成講座(420時間)」のうちの3/4をテクニカルコスとして、実践・実習とそれに直接関係する理論と知識に充てます。
★新しくて、楽しいFUKUOKAふぁんのK.K.メソッドを学んで、本格的なプロの「日本語教師」になりましょう! 

<理論コース> LinkIcon募集要項☞

★日本語教師資格取得のための理論講座です。

◇ 日本語学校等に就職する条件は以下の3つです。
 1.大学で日本語教育を勉強する。
 2.4年制大学卒で「日本語教師養成講座420時間」の研修を受ける。
   FUKUOKAふぁんでは「日本語教師養成講座テクニカルコース(290/h単位)」と
  「理論コース(130h/単位)」を合わせて受講してください。
   ※注意→「日本語教師養成講座420時間」の実施機関は文化庁の日本語教員養成研修機関として登録番号を
     受理しているところに限ります。FUKUOKAふぁんの登録受理番号はH29113040006です」
 3「日本語教育能力検定試験(毎年10月に実施)」に合格する。
   ※ この「日本語教育能力検定試験」に合格すると、日本語学校に就職できたり、海外青年協力隊員など
      海外で働くチャンスが増えます。

<日本語教育能力検定試験対策コース> 

★日本語教育能力検定試験!合格を目指す人のための講座です。
◇ 毎年 10月に実施される「日本語教育能力検定試験」にむけての準備講座。「音声」「評価法」「異文化コミュニケーション」など試験にピッタリの授業を展開。

受講終了後の仲間作りを応援します!

     FUKUOKAふぁんで学んだ仲間は講座終了後も●●FRIENDSとして様々な活動やセミナー、
     情報交換などでつながっています。




|受講開始までの流れ

当校について

日本語教師になるには

コース案内

講師紹介

受講生の声

日本語教師インタビュー